披露宴 進行 流れ


見ながら学べる披露宴の司会進行【完全決定版】

入門編として、披露宴の進行の基本形を見ていきましょう。

現在ごく一般的に使用されている披露宴の進行は上記のとおり。

で、式は40分遅れで進行(すでにクタクタ) 披露宴は・・・・なんかスナックみたいな所を貸切。

バイキングだが、全然人数分足りてない。

サンドイッチ2切れとサラダ少し。

それにジュース。

しかし披露宴は中止にはならなかった。

高砂には新婦一人が座り、 出席者には洋食のコース料理が運ばれ、粛々と進行したという。

かといってそんなもの進行には含まれておらず…、 さらに聞いていないので控え室も用意できない。

数値が平常値に戻った→母『体調悪い』医者「一気に進行しましたね。

1年持った事が奇跡です」 友人新婦の披露宴。

「披露宴の準備に集中したいから」と式の1週間前から有休とってて 「2次会よろしく」と準備、進行、すべてを新婦後輩(今年入社の第二新卒)に 丸投げしたのは他ならぬ新婦自身だよ。

つまり、さほど披露宴と変わらない進行例となることもあります。

この場合、正直なところ「披露宴ほどかっちりしないパーティにするけど、おもてなしはしっかりする」というカップルが多いようです。

打ち合わせ 必要に応じて直接お会いして、打ち合わせを行います。

その流れで披露宴を行うことも可能です。

全てのゲストに楽しんでいただけるような進行を考えたいものですよね。

このスピーチを新郎が行う場合(または新郎新婦が行う場合)には披露宴の進行上、「新郎新婦入場」のあとで述べることになります。

ざっくりとですが 披露宴の進行表を 用意してくださっていて これはやる、これはやらない って話をしました。

以前に、ちらっと書いた 司会の件ですが 司会は無しにしました。

めでたく結婚することになった二人の一生に一度の素敵な晴れ舞台である披露宴の流れについて解説します。

写真撮影・フラワーコーディネイト・披露宴の進行などそれぞれ専属の現場スタッフとお打合せをします。

品川・名古屋では、サンプル写真や資料をご覧いただきながら決めていきます。

結婚式・披露宴(大小関わらず)を挙げた方々の満足度はどうだったのか聞きたいです。

不備もなく当たり前のように進行してもらった。

ちなみ明治神宮→明治記念館だけど。

人生の一大イベントのひとつである結婚式。

滞りなく進行できるよう、新郎新婦側も式場側もそつなく準備をするものですが……。

「誰も座っていないテーブルがある披露宴に出席したのははじめて。

また進行も、司会の合図でなにかが起こるのではなく、ムービーやそのほかの演出から繋がって、プログラムそれぞれに自然なきっかけが生まれるように考えました。

入場がおわれば、司会が進行を続けます。

ここで開宴の宣言がされて、いよいよ披露宴が始まることになるのです。

司会を任された人は、ここで慌ててしまうこともあるかもしれません。

一般的な披露宴では、新郎新婦の紹介や主賓のあいさつ、そして乾杯と進行します。

起立して乾杯の音頭が終った後、きちんと着席してからナプキンを広げるように。