披露宴 進行 流れ


見ながら学べる披露宴の司会進行【完全決定版】

入門編として、披露宴の進行の基本形を見ていきましょう。

現在ごく一般的に使用されている披露宴の進行は上記のとおり。

で、式は40分遅れで進行(すでにクタクタ) 披露宴は・・・・なんかスナックみたいな所を貸切。

バイキングだが、全然人数分足りてない。

サンドイッチ2切れとサラダ少し。

それにジュース。

しかし披露宴は中止にはならなかった。

高砂には新婦一人が座り、 出席者には洋食のコース料理が運ばれ、粛々と進行したという。

数値が平常値に戻った→母『体調悪い』医者「一気に進行しましたね。

1年持った事が奇跡です」 友人新婦の披露宴。

だけど司会者の方がうまく進行してくださって、そういうこだわりのある(←傍から見ると そう思えたらしい)披露宴でも全然違和感なかったと言ってました。

カジュアルで自由な演出が人気の人前式の進行・段取りとは? 以上、結婚式についてお届けしました。

めでたく結婚することになった二人の一生に一度の素敵な晴れ舞台である披露宴の流れについて解説します。

打ち合わせ 必要に応じて直接お会いして、打ち合わせを行います。

余興がひとつもない披露宴を行う場合、どんな進行にすれば良いのでしょうか。

全てのゲストに楽しんでいただけるような進行を考えたいものですよね。

その流れで披露宴を行うことも可能です。

披露宴の進行上、よりゲストの目を引きたいのは、新郎新婦入場、退場、ケーキ入刀、キャンドルサービスなどでよく行う、メインテーブル横のセレモニーなどの場面です。

このスピーチを新郎が行う場合(または新郎新婦が行う場合)には披露宴の進行上、「新郎新婦入場」のあとで述べることになります。

一般的な披露宴の進行に関して簡単に表記しておきます。

披露宴によっては多少順番が前後することもありますのでご了承下さい。